医療に関わることなどを
by sui-m
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
なかのひと AX
高知新聞の社説より
 良い社説を見つけました.
 高知新聞が医師不足に対する国の姿勢を批判しています.
 目新しいことは書いてありませんが,「医師は足りており,偏在しているだけ」という報道しか見られなかった頃のことを思うと隔世の感があります.

高知新聞 10月3日社説より
【外科医不足】現場の疲弊が浮かぶ
http://203.139.202.230/?&nwSrl=218493&nwIW=1&nwVt=knd

 国立病院機構病院(旧国立病院)で「外科医が不足している」「将来的に不足する」と答えた外科医が83%に上ることが共同通信のアンケートで明らかになった。
 産科、小児科、麻酔科などの医師不足と同様、外科の医師不足を指摘する声は前々からあった。今回の調査はそうした声をあらためて裏付けるとともに、疲弊する現場の実態を如実に浮かび上がらせる。
 不足の主な理由として挙げられたのは「労働条件の厳しさ」「医師臨床研修制度」「医療事故と訴訟リスクの高さ」である。これらは他の医師不足の理由とほぼ通じる。
 手術という医療の重要部を担う外科医は緊急の呼び出し、重症で緊急度の高い患者への対応など心身への負担が大きい。また、医療訴訟の矢面に立たされるケースも多々ある。日本外科学会の調査では外科医志望者は一九八九年に比べ、二〇〇三年は三割も減っている。
 さらに〇四年度から導入された医師臨床研修制度が研修医の都会流出、地方の医師不足を招いてしまった。さまざまな診療科で研修するうち、外科医の過酷な労働実態を目の当たりにし、他の診療科へ志望を変更する研修医も出ている。
 勤務医が開業することで、残された勤務医はさらに多忙になる。地域によっては患者が都市部の中核病院に集中し、そこの勤務医がさらなる過重労働を強いられている。
 こうした悪循環を断つには医療体制の根源的な改革が必要だ。小手先の対策で医師不足が解消するほど問題は軽くない。だが、肝心の国から医療を再構築する気概が伝わってこないのである。
 国が進める医師の集約化・重点化はさらなる「医療の空白」を招きかねない。緊急医師派遣制度にしても付け焼き刃だ。抜本策として来年四月から国立大医学部の入学定員増を認めたが、これも暫定措置との位置付けである。依然として国は医師の絶対数不足を認めようとしない。
 〇七年厚生労働白書では医師確保策や医療費抑制策に対して、一層の役割と責任を都道府県が担うよう求めており、国の使命感を感じ取ることができない。
 医学教育の見直し、職場環境改善など大学や医療現場で見直すべき点は多い。都道府県にも役割はある。だが、一番に求められるのは国の指導力である。国が医師の絶対数不足を認める姿勢に転換しない限り、効果ある政策は期待できない。


 2003年で3割減….今はそれから更にどれくらい減っているのでしょうね.
 
 まあ,国が医師の絶対数不足を認める日はきっとこないし,最早ちょっとやそっとのことではこの大きな流れは変わらないと思いますが.
[PR]

# by sui-m | 2007-10-05 13:36 | ニュース
『いけちゃんとぼく』
いけちゃんとぼく
西原 理恵子 / / 角川書店
スコア選択: ★★★★★



たまたま寄った本屋さんで目に留まった,西原理恵子の初めての絵本.
平積みされた本の中でカラフルな表紙がとても目立っていました.

「ぼく」とカラフルなオバQみたいな不思議な生き物「いけちゃん」の物語.

本の中もとてもカラフル.
青い蒼い海や様々な緑色をした原っぱやオレンジ色の夕焼けや.
「いけちゃん」もピンク色だったりすみれ色だったり,水色だったり黄緑だったりオレンジだったり.

『いけちゃんはね うれしいとふえるの.』
『いけちゃんはこまると小さくなるの.』
『あったかいといけちゃんはよくふくらむのよ.』


謎の生き物「いけちゃん」.

いけちゃんはいつでも「ぼく」の傍らにいて,
大人になっていく「ぼく」を見守っています.

寂しいときにはなぐさめてくれて
いけないことをしたら叱ってくれて
いたずらだって一緒にやった.

こども時代にしか持つことのできない「自分だけの見えない友達」.
そんな友達との物語…?と思って読んでいくと….


帯に
『この本には大きな仕掛けがある』
と書いてあって,最後に何か大きな仕掛けがあることはわかっていたのだけれど,
その仕掛けは思っていたのと全然違っていました.


セピア色の優しい告白でそれまでの世界がひっくりかえる.

最後の1ページをめくったあとに,最初のページに戻ってもう一度読み返す.
「いけちゃん」の言葉に隠された深い想いが見えて….

『はやく ゆっくり 大人になってね』


そうか,だから「いけちゃん」は「ぼく」と一緒にいたんだね.



何度も何度も手にとってしまう,そんな本です.

読み終わって,何気なくカバーをめくると…!
それは読んでからのお楽しみ.
[PR]

# by sui-m | 2007-10-03 21:56 | お気に入り
福島県立大野病院事件 第7回公判
去る8月31日,福島県立大野病院事件の第7回公判が行われ,K先生ご本人への被告人質問が行われました.
今回は予定では主尋問(弁護側)、反対尋問(検察側)、再主尋問(弁護側)という流れで進むはずだったのに,検察側の反対尋問が長時間にわたったため,再主尋問は次回以降に延期されることとなったとのこと.

公判からもうすぐ1ヶ月.既にたくさんの医療系ブログで取り上げられており,今更記事にするのは周回遅れもいいところなのですが....

もっと早くに書くつもりでした.でも正直,読むのがつらくてなかなか膨大な傍聴記を読み終えることができなかったのです.
ロハスメディカルブログの川口様はこれでも「はしょった」と書かれておいでです.
実際の公判の様子,更に今回の公判で明らかになった検察での取り調べの様子を想像すると背筋が凍るような思いです.

今回も周産期医療の崩壊をくい止める会のHP上には詳細な公判傍聴録と佐藤教授の傍聴記が,また,ロハスメディカルブログにも川口様の感想を含めた詳細な公判の様子がupされています.
いつものことながら,いえ,いつも以上に長い長い報告です.

周産期医療の崩壊をくい止める会  
 第七回公判について

ロハス・メディカル・ブログ
 福島県立大野病院事件第七回公判 (1)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (2)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (3)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (4)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (5)

更に日経メディカルでも傍聴記が掲載されています.
 「私に落ち度はない、精一杯やった」 福島・大野病院事件の第7回公判が開催


弁護側の質問では検察が「K医師は殺人者である」という前提にたって過酷な取り調べを行ったことが明らかになります.

弁護側の質問から(周産期医療の崩壊をくい止める会の報告より引用)

弁護人: 検察官は、クーパーを使うことが問題だという意識だったのですね。

加藤医師: はい。クーパーを使うこと自体が違法行為であり、言い方を換えると、あなたは殺人者だと言われました。

弁護人:  このことを検察官に説明しましたか。

加藤医師: はい。

弁護人:  何度も説明しましたか。

加藤医師: はい。

弁護人:  なぜ、そのような調書が残っていないのですか。

加藤医師: 筋張ったところを削ぐように剥がしたことは記載されていますが、それ以外の部分についてはクーパーを使ったこと自体が悪い感じで、あまり理解してもらえませんでした。



弁護側からの質問で伺える検察の取り調べの様子を読むだけでも胸が苦しくなったのに,午後に行われた検察の質問に至っては....

弁護側,検察側の質問の全てを読んでも,私の中に残ったのは検察の取り調べの理不尽さ,また,自分たちが勝手に作ったストーリーの外にあることについての無理解さなどだけでした.

検察側はこの長い長い質問でいったい何を示したかったのでしょうか?
そしてそれは成功したのでしょうか?

検察官: 冒頭陳述の際「信頼してくれた患者さんを亡くしてしまったことは医師として忸怩たる思いがある」と述べましたが、医師として患者が死亡してしまって残念だという以外に、結果的に落ち度があったと思う事はありますか。あの時、あれをやれば良かったと思うことがありますか。

加藤医師: 落ち度は特にないと思っています。医師として精一杯のことをやりました。精一杯のことをやったからこそ、その結果にすごく悔しい思いをしています。



明後日9月28日は第八回公判の予定です.

[PR]

# by sui-m | 2007-09-26 18:55