医療に関わることなどを
by sui-m
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
なかのひと AX
カテゴリ:未分類( 3 )

福島県立大野病院事件 第7回公判
去る8月31日,福島県立大野病院事件の第7回公判が行われ,K先生ご本人への被告人質問が行われました.
今回は予定では主尋問(弁護側)、反対尋問(検察側)、再主尋問(弁護側)という流れで進むはずだったのに,検察側の反対尋問が長時間にわたったため,再主尋問は次回以降に延期されることとなったとのこと.

公判からもうすぐ1ヶ月.既にたくさんの医療系ブログで取り上げられており,今更記事にするのは周回遅れもいいところなのですが....

もっと早くに書くつもりでした.でも正直,読むのがつらくてなかなか膨大な傍聴記を読み終えることができなかったのです.
ロハスメディカルブログの川口様はこれでも「はしょった」と書かれておいでです.
実際の公判の様子,更に今回の公判で明らかになった検察での取り調べの様子を想像すると背筋が凍るような思いです.

今回も周産期医療の崩壊をくい止める会のHP上には詳細な公判傍聴録と佐藤教授の傍聴記が,また,ロハスメディカルブログにも川口様の感想を含めた詳細な公判の様子がupされています.
いつものことながら,いえ,いつも以上に長い長い報告です.

周産期医療の崩壊をくい止める会  
 第七回公判について

ロハス・メディカル・ブログ
 福島県立大野病院事件第七回公判 (1)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (2)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (3)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (4)
 福島県立大野病院事件第七回公判 (5)

更に日経メディカルでも傍聴記が掲載されています.
 「私に落ち度はない、精一杯やった」 福島・大野病院事件の第7回公判が開催


弁護側の質問では検察が「K医師は殺人者である」という前提にたって過酷な取り調べを行ったことが明らかになります.

弁護側の質問から(周産期医療の崩壊をくい止める会の報告より引用)

弁護人: 検察官は、クーパーを使うことが問題だという意識だったのですね。

加藤医師: はい。クーパーを使うこと自体が違法行為であり、言い方を換えると、あなたは殺人者だと言われました。

弁護人:  このことを検察官に説明しましたか。

加藤医師: はい。

弁護人:  何度も説明しましたか。

加藤医師: はい。

弁護人:  なぜ、そのような調書が残っていないのですか。

加藤医師: 筋張ったところを削ぐように剥がしたことは記載されていますが、それ以外の部分についてはクーパーを使ったこと自体が悪い感じで、あまり理解してもらえませんでした。



弁護側からの質問で伺える検察の取り調べの様子を読むだけでも胸が苦しくなったのに,午後に行われた検察の質問に至っては....

弁護側,検察側の質問の全てを読んでも,私の中に残ったのは検察の取り調べの理不尽さ,また,自分たちが勝手に作ったストーリーの外にあることについての無理解さなどだけでした.

検察側はこの長い長い質問でいったい何を示したかったのでしょうか?
そしてそれは成功したのでしょうか?

検察官: 冒頭陳述の際「信頼してくれた患者さんを亡くしてしまったことは医師として忸怩たる思いがある」と述べましたが、医師として患者が死亡してしまって残念だという以外に、結果的に落ち度があったと思う事はありますか。あの時、あれをやれば良かったと思うことがありますか。

加藤医師: 落ち度は特にないと思っています。医師として精一杯のことをやりました。精一杯のことをやったからこそ、その結果にすごく悔しい思いをしています。



明後日9月28日は第八回公判の予定です.

[PR]

by sui-m | 2007-09-26 18:55
よろしくお願いします
 前回,「随分ご無沙汰してしまいました」と書いてからさらにまたご無沙汰してしまいました.

 心機一転,とこちらに引っ越してまいりました.
 相変わらずゆっくりとしたペースの更新となるかとは思いますが,よろしくお願いします.

 
[PR]

by sui-m | 2007-06-23 16:36
井戸の中から広く深い海を想う
井の中の蛙 大海を知らず
けれど 空の高きを知る
然れども 大海の深きを想う

深く暗い井戸のように,薄暗く明かりを落とした読影室が私の仕事場.
井戸の底から丸く切り取られた青い空を見るように,
私はPCの四角いモニターを通して世界を見,
まだ見ぬ広く深い海を想っている.
[PR]

by sui-m | 2007-01-25 00:00