医療に関わることなどを
by sui-m
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2.18企画
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと AX
2008年 01月 10日 ( 2 )

日本の医療は先進国19か国中2位だったのに
昨日,こんなニュースを見つけました.

先進国19か国中、医療大国1位は仏、2位は日本 
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2334107/2508656


【1月9日 AFP】
 英国の研究チームが先進国19か国を対象に行った回避可能な死に関する調査結果が8日、米医療経済・政策専門誌「Health Affairs」の1・2月号に掲載された。それによると、適切なタイミングで効果的な医療を提供している国の1位はフランス、2位は日本だった。一方、米国は最下位に沈んだ。
 
 研究を行ったのは、ロンドン大学衛生熱帯医学校(London School of Hygiene and Tropical Medicine)の研究チーム。チームは、2002-2003年の間に、適切なタイミングで効果的な医療が施されれば死を回避できた75歳未満の人の死亡率を調査した。

…中略…

 19か国の順位は上位からフランス、日本、オーストラリア、オーストリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、英国、米国となっている。前回調査で、米国は15位だった。


どういう指標を用いて算出しているかはこのニュースだけだとわからないですけど,
日本は「75歳未満の人で適切なタイミングで効果的な医療が施されなかったために死亡した人」が少なかった,ということですよね.

じゃあ日本は他の国より医師が多いのか?医療費が高いのか?

医師数と医療費を他の上位の国と比較したレスが某巨大掲示板にありました.

【調査】 “医療大国” 1位・フランス、2位・日本(先進国19カ国中)…英の研究チーム調べ★2より
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1199887657/605

605 :名無しさん@八周年:2008/01/10(木) 08:57:46 ID:wi6CcLE90
上位5ヶ国を比較してみた。

・適切なタイミングで効果的な医療が施されれば死を回避できた75歳未満の人の死亡率
 1位:フランス 2位:日本 3位:オーストラリア 4位:オーストリア 5位:カナダ

・1000人あたり医師数(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/03/s0311-5b.html
 フランス:3.29人>オーストリア:3.16人>オーストラリア:2.47人>カナダ:2.09人>日本:1.93人

・医療費対GDP比(http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1890.html
 フランス11.1%>オーストリア:10.2%>カナダ:9.8%>オーストラリア:9.5%>日本8.0%

日本の医療従事者が、いかに金も人も足りない中頑張ってるかがよく分かりますね。


1000人あたりの医師数は2000年のdataで,医療費対GDP比は2005年のdataのようですから,今回の調査と同じ年度ではないんですけど.
医療費,医師数ともに日本は上位5位の国の中で最低の値です.

それでも「適切なタイミングで効果的な医療を施している」と評価されるような医療を行ってきていた.

なのに国内でのこの評価の低さはどこからきてるんでしょう?
このニュースだって報道されないし.
まあ、いまさら手のひら返したように誉めそやされても信じられないけど.


例えばこのニュースに対するネット上での反応は
「こんなに『たらいまわし』報道があるのに嘘だろう」
というものと
「少ない医師数で少ない医療費でこんなに頑張っていたのに(今後は無理だろう)」
というものが多い感じでしたが,
調査が行われた5年前だったら「嘘だろう」という反応が大半な気がします.

実際の海外の医療を知っているわけではないのに,「日本はだめだ」という.
何処と比べているのでしょう.
いろんな国のいいところだけを集めた「夢の国の医療」はないのに.

この調査が行われたのは2002‐2003年で,前回の調査は1997-1998年とのこと.
もしこれが定期的に行われる調査であるならば,次回の調査は2007-2008年?

果たして次回の評価や如何に.

あー、でも2位から転落していたら
「以前の医療は良かったのに」とか報道されるんだろうな.
マスコミがその原因の一翼を担ったことなんて素知らぬふりで.
[PR]

by sui-m | 2008-01-10 22:03 | ニュース
年賀状
そろそろもう新しいのはこないかな,ということで年賀状を整理.

大学の医局関連,かつて同じ病院で働いていた同僚,大学時代の友人.
後は高校時代の友人や幼馴染や身内.
いつもとほとんど同じ顔ぶれ.

同じ放射線科医であれば学会だったり研究会だったりで会うこともあるけど,
他科の友人・知人となるとそうもいかない.
遠く離れてしまって,年賀状が年1回の唯一の近況報告となっている人も多い.
その近況報告がなんだか例年になく変化に富んでいるような….

・病院を辞めて,行政関係にいった友人
・遠く離れた実家に帰るというかつての同僚
・開業医である実家に戻り,後を継いだ先輩
・開業した先輩
・非常勤で働くことにしたという友人
・春から東京に移るという友人
・転科するという先輩

などなどなどなど….

放射線科医は放射線科医として働こうとすると勤務医以外の選択肢はあまりないから,
自分も自分の周りも、変化といっても病院間の異動くらいで.
あとはせいぜい,留学します,とか,実家のある地方に戻ります,とか,それくらい.

ああ,こんなにもいろんな選択肢があるのかと改めて実感.
みんな病院を辞めていくんだなぁ.

私の知り合いの数なんて微々たるものだけど,それでもこんなに変化がおきてる.

…来年の年賀状の近況報告はいったいどうなっていることやら.
[PR]

by sui-m | 2008-01-10 00:23 | 日記