医療に関わることなどを
by sui-m
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
なかのひと AX
一週間後,判決が出ます
随分ご無沙汰してしまいました.

長いこと更新していなかったにもかかわらず,
お訪ねくださった皆様,本当にありがとうございます.


今日からちょうど1週間後の8月20日水曜日に
福島大野事件の判決がでます.

突然の逮捕から2年半.

最初は何が起こったのか,何が起きているのかが知りたくて,
その後はこの事件がどうなっていくのかが気にかかって
ずっと情報を追いかけてきました.
公判が始まってからは,その様子が知りたくて
傍聴に行ってくださった方々の傍聴記を読み続けました.


K先生逮捕の際の報道で、
(毎日新聞、福島ニュース 2006年3月14日)

全国的にも医師側の反発は続く。
こうした動きに捜査関係者は
「公判が始まれば、今までの同情論がひっくり返る。
それが過失の証明になる」と自信をのぞかせる。


こんな言葉がありました.

公判も終わりを迎えようとしています.
いったいどんな過失が証明されたというのでしょうか.



あれから2年半.
医療を取り巻く状況は随分と変わりました.

その大きなきっかけとなったのはこの事件です.


判決の出る8月20日午後から

「福島大野事件が地域産科医療にもたらした影響を考えるという
シンポジウムが行われます.

HP:http://plaza.umin.ac.jp/~oono-obs/cgi-bin/wiki/wiki.cgi

このシンポジウムについては
僻地の産科医先生の「産科医療のこれから」
名古屋医療センター 産婦人科 野村麻実先生が投稿した記事が詳しいです.

大野事件の判決日、福島に集まりましょう!!!
http://obgy.typepad.jp/blog/2008/08/post-1341-23.html



できるなら私も当日は福島に行き,
判決をこの耳できき
このシンポジウムにも参加したい.

そう思っています.


でも週の真ん中,遠く福島まで行くのはなかなか簡単なことではありません.


シンポジウムに実際に参加できなくても
何か伝えることはできないのか?

そんな人たちのために
メールでコメントを送ることができるようになったそうです!


メールアドレス:oono.obs@gmail.com 宛てに

「コメントのみですが」と記載して都道府県、年齢、性別を記入し
応援メッセージや意見などを送れば
当日のシンポジウムで紹介,または配布してくださるそうです.

内容は産科の崩壊、医療刑事事件の問題など、困っていることでもなんでもよく,
K先生への応援メッセージはご本人の手元に必ず届けて下さるそうです.
(応援メッセージはシンポジウムでは公表されません)

医療関係者の方はもちろん,それ以外の方もどんどんメールしてください,とのことです.


あと、1週間です.

当日,会場に実際に行くことはできなくても
どんなに多くの人間がこの事件に注目していたのか,ということを示すことができます.
K先生に応援メッセージを伝えることができます.

どうか皆様,メッセージをお願いします.
[PR]

by sui-m | 2008-08-13 20:24 | 医療
2008年 2.18企画 >>