医療に関わることなどを
by sui-m
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
なかのひと AX
報道ステーション"医療崩壊"の町
6月28日に放映された報道ステーションの特集,
崖っぷちニッポンの現場(1)~"医療崩壊"の町
途中からでしたが,見ました.

遅ればせながら感想など.

古舘伊知郎氏が岩手県立山田病院のある医師に密着して
その日常を追う,という特集でした.

その医師の日常とは….

1日平均200人にもなる外来患者を診療し,
看護師を助手に1人で腹腔鏡手術を行い,
もちろん病棟も見て,
その合間に訪問診療に行き,
夜は3日に1回の当直をこなす.
訪問診療には24時間対応する.

…ふぅ.
こうやって書くだけでもため息がでます.

古館氏はこの医師に密着し,その大変さを見つめます.
「大変ですねー」と驚きます.
でもそれだけ.

何故7名いた常勤医が3名に減ってしまったのか.
今は3名の先生方の頑張りによって維持されているけど,
それがいったいいつまで続けられるのか.
あと1人減ってしまったらどうなるのか.
(実際にこの取材後,この先生は尿管結石で入院されたとコメントがありました.
その間この病院は大丈夫だったのでしょうか?)

また,
果たして日本中にいったいどれだけの「限界病院」があるのか.
医師が減って日常業務に支障をきたしているのは本当に地方の病院だけなのか.
医師は何故辞めるのか.
辞めていった医師たちはいったいどこに行ったのか.
都市部には医師が本当にたくさんいるのか.

やろうと思えばたくさんの切り口があったと思うのですが,
そういったことに対する考察はなし.

“医療崩壊”を特集したのではなく,
その名のとおり,“医療崩壊の町”を紹介する番組だったんだなーというのが感想です.

医療崩壊した町で身を粉にして働く医師と
その医師に感謝する患者さんたち.

でもヒトゴトのように報道しているけど,
そのうちヒトゴトじゃすまなくなりますよー.

番組HP 崖っぷちニッポンの現場(1)~"医療崩壊"の町
魚拓
[PR]

by sui-m | 2007-07-02 19:31 | 医療
<< 救命のための気管内挿管 400点 奈良県 大淀病院事件民事裁判第1回 >>