医療に関わることなどを
by sui-m
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
なかのひと AX
中原医師の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念
中原医師の労災認定を巡る訴訟で厚労省が控訴を断念した,とのニュースです.
葉書作戦を私が最初に知ったのはネット上からでしたが,職場の同僚や別の病院に勤める友人などからネット以外でも頼まれたりして医療関係者の関心の高さを感じました.
この葉書作戦がどれだけ効果があったのかはわかりませんが,とにかくこれで労災認定が確定したことになります.

民事裁判の判決日は明日,3月29日とのことです.

朝日comより.
小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ
http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY200703270524.html

 東京都内の民間病院に勤めていた小児科医、中原利郎さん(当時44)の自殺の労災認定を巡る訴訟で厚生労働省は27日、労災を認めなかった新宿労働基準監督署長の決定を取り消した東京地裁判決を受け入れ、控訴を断念する方針を固めた。宿直勤務が月8回に及ぶなど、判決が認めた過重労働による心的負担の大きさを覆すのは難しいと判断した。
 判決によると、中原医師が勤めていた立正佼成会付属佼成病院の小児科では医師の転職や退職が相次ぎ、中原医師の99年3月の勤務は宿直8回、休日出勤6回、24時間以上の連続勤務が7回で、休日は2日。宿直勤務も「疲労を回復し得る程度の睡眠を確保することは困難」として、「業務は精神疾患を発症させ得る程度の危険性を内在していた」と結論づけた。
2007年03月28日06時16分

[PR]

by sui-m | 2007-03-28 23:00 | 医療
<< 福島県立大野病院事件 第4回公判 救急外来の垣根の低さ >>